#

円→ウォンへ両替時
100円=1003.09ウォン
ウォン→円へ両替時
100円=1038.81ウォン
2013.12.17 00:15:16
05.27 (月) 現在
ソウル 釜山 済州島
日→韓 韓→日
ヌルンジトンタク専門店 누룽지통닭전문점
■ 主なメニュー: チキン、ビール ■ エリア: 望遠
 
 
プレゼント 提示方法: ご来店の際、ご提示ください。
利用条件: 当店舗のサービスをご利用になるお客様限定
有効期限: 2013-12-31
* ソフトドリンクサービス
print
본 쿠폰을 소지하신 고객분께 내용대로 서비스 제공 바랍니다. 쿠폰문의 : 02)711-9131

 

 

タイトル: ヌルンジトンタク専門店(누룽지통닭전문점)
住所(日本語): ソウル市 麻浦区(マポグ)望遠洞(マンウォンドン)416-49
住所(韓国語): 서울시 마포구 망원동 416-49
電話番号: 02-336-2977
営業時間: 17:00~翌2:00
休日: 年中無休
支払い方法: ウォン、カード(VISA、MASTER、JCB、AMEX、DINERS
アクセス
地下鉄6号線 望遠(マンウォン、Mangwon)駅から9番マウルバスで5分

韓国全土にフライドチキンや鶏料理のお店は数えきれないほど。そんな中今もっとも新しいタイプの鶏料理のお店が、こちらの「ヌルンジトンタク専門店」です。2012年10月にオープンしたばかりのこちらのお店では、気軽に、ヘルシーな鶏料理を食べることができます。まだ全国に3店舗しかない「ヌルンジントンタク専門店」、新しいもの好きな食いしん坊さんには是非!試していただきたいお店です。
オープンしたてのおしゃれな外観はカフェ
のよう。通りに面していて、
入りやすい雰囲気です。
焼かれている丸鶏はお店の外で
見ることができます。
薪で丁寧に焼かれる丸鶏、
思わず見とれてしまいます。
 
ドーンと運ばれてくる丸鶏は迫力満点! まずはそのまま食べて、それから塩
orマスタードソース、お好みの味でどうぞ!
丸鶏の下にサクサクのお
こげが敷かれています。
 
アツアツの鉄板にはおこげが敷かれ、その上に薪でじっくりと焼かれた丸鶏がドドーンとのっかってテーブルに運ばれてきます。ジュジューッ!という音と食欲をそそられる香りで気分が一気に盛り上がること間違いなし!ふっくらとした鶏肉の食感を楽しんでもらうため、こちらのお店では冷凍物の鶏は一切使いません。冷凍物を使うとどうしても独自の匂いが気になり、この味は出せないのだとか。鶏肉の中には漢方の一種である「甘草(カンゾウ)」が入れられていて、健康も意識しながら一羽ずつ丁寧に焼かれています。
 
店長さんから、美味しく食べる方法を伝授していただきました。

「運ばれて来たら、まず胸肉から食べてください。よくありがちな胸肉の硬さは一切なく、フワッと仕上がっていますので、まずはそれを楽しんでいただきたいです。焦げすぎないようになるべく早めに召し上がってくださいね。鶏肉を食べ終わっておこげが残っている状態になったら、コーンを追加してそれをおつまみにするのもとっても美味しいですよ!」

とのこと。フォークでつつくもよし、手掴みで食べるもよし、ビールや焼酎、コーラと一緒に思いきりどうぞ。おこげのサックリ焼かれた感触もたまりません。鶏肉を食べ終わってもアツアツの鉄板にコーンをのせると、その甘さと香ばしさについついフォークがとまらなくなって、お酒も進んでしまいます・・・。また、こちらのお店のヨルムキム チ(大根の葉のキムチ)は爽やかな味がとても美味しく、常連さんはおかわりするほどだとか。

 
鉄板でさらに焼きながら食べるため冷めにくく、皮もパリパリの食感が味わえます 漢方も入った丸鶏からは、
身体に良さそうな香りが漂います。
アツアツの丸鶏とコーンのコンビはたまりません。ビールもコーラもグビグビ進みます!
 
難しいメニューは一切なし!
ハングルが読めなくても指さし注文でOK!
厨房には日本語ができるスタッフさん
もいるので、安心して注文できます。
サイドメニューは、ツブ貝の和え物、
そしておすすめのスィートコーン。
ジモティ気分で気楽に味わってみましょう!
 

今最も新しい鶏料理屋さん、「ヌルンジトンタク専門店」

いかがでしたか?望遠洞はあまりなじみのない地区かもしれませんが、密かに美味しいお店が点在している魅力的な町です。ソウル市民のようにバスに乗って食べに行ってみたい、という方にもこのヌルンジトンタク専門店をオススメします。なんといってもバス停が目の前!迷わず美味しいチキンにありつけますよ。望遠洞駅の近くには昔ながらの市場もあるので、あわせて探訪してみるのも楽しいと思います。ぜひぜひ、お出かけください!





掲載日:2013-01-25 最新更新日:2013-01-31
※ 現地事情により、現在とは記事の内容が異なることがありますので、ご了承ください。